更年期サプリ:若年性更年期障害について

by ninniku .

更年期障害

更年期障害は、閉経が近づく50歳前後から起こるとされている自律神経失調症のことを指します。

これに対し若年性更年期障害とは、若い年代でも更年期障害に似た症状が起こった際に使われることがあります。

若年性更年期障害の症状

若年性更年期障害は、その症状として

  • ほてり
  • 手足の冷え
  • めまい
  • 頭痛
  • 膣の萎縮

などを挙げることが出来ます。ではそれぞれを説明させて頂きます。

ほてり

これは顔のほてりを指します。
一般的には顔がほてる場合には、熱が上がることが考えられますが、若年性更年期の場合は顔がほてっているからと熱を測っても、熱がないことが多々あります。
また顔のほてりだけでなく、のぼせた様な感覚があった場合も要注意です。

手足の冷え

女性の場合、冷え性の人も多くいますが、これは冷え性とは少々異なります。
ほてりで述べた様な、顔のほてりやのぼせるような感覚があるにも関わらず、手足が冷たく感じるのです。

めまい

立っている時にめまいが起こって立つことが難しく、治るまでに時間を要する場合や、立ち上がる時にめまいによって倒れたり吐き気が起こるようなめまいは要注意です。めまいは貧血でも起こるため、生理前や生理中であれば仕方がない、と感じてしまうかもしれませんが、実際には若年性更年期障害の可能性もあります。

頭痛

頭痛はポピュラーな痛みですし、長い付き合いの人もいるかもしれません。そのため見逃され気味な症状ですが、長引く頭痛や目がチカチカするような頭痛、吐き気を伴うような頭痛等いつもとは異なる場合には注意してください。

膣の萎縮

膣が委縮する、といってもこ自分では分かりにくい症状かもしれません。

しかし膣が委縮すると痛みや痒みを感じやすくなり、普段の生活の中でも膣がヒリヒリする感じが起こる可能性があります。

また性交時に痛みを感じたり、生理中でもないのに少量の不正出血が起こる場合もありますので、生活の中でデリケートゾーンに不快感を感じた場合には、膣の萎縮を疑う必要があります。

若年性更年期

更年期障害、というと閉経が近づいたイメージがありますので、若くしてその症状が出るとは思っていない人もいるかもしれません。

しかし若年性更年期障害は20代という若い年代でも起こる可能性がありますので、加齢によって起こる症状、と決めつけることは治療を遅らせる危険な考えとも言えます。

ところで更年期障害は、女性ホルモンの分泌量が急激に低下することで起こる自律神経失調症の1つなのですが、では若年性更年期障害も同じように女性ホルモンの分泌が影響しているのでしょうか。続いては、若年性更年期障害の原因について説明させていただきます。

若年性更年期障害の原因

若年性更年期障害の原因は、大きく2つ挙げることが出来、1つ目がストレスです。

近年は女性の社会進出も珍しくなくなり、地位のある役職についたり残業時間が多かったりとストレスを貯めやすい仕事環境になりました。

また20代や30代は結婚や出産によって生活環境がガラリと変わり、子育てや仕事と家庭の両立というストレスも加わることがあります。女性はデリケートな身体ですので、ストレスによって女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことは決して珍しい話ではありません。

そして2つ目に過度のダイエットや食生活の乱れが挙げられます。これはどちらかというと20代の女性に起こりやすいですが、ダイエットを成功させるために必要な食事を摂らないために栄養失調に陥り、生命維持のために身体は月経を止めます。月経が止まることで女性ホルモンのバランスが崩れてしまうのです。

つまり若年性更年期障害も女性ホルモンの分泌量が影響して、自律神経失調症の症状を起こしているのですが、その原因となるものは、加齢によるものではなく、ストレスや過度のダイエットという、生活に関する影響が大きく関係しているのです。

引用元:更年期障害サプリメント

” ”